富士設計(株) 「設計コンサルタント事業、調査・測量事業、情報システム開発事業、プライバシーコンサルティング事業、GIS、RIEGL VZ-400、3次元レーザースキャナー測量」

最新情報

JSCE公益社団法人土木学会デザイン賞2016最優秀賞受賞


  当社で設計を行った「白糸ノ滝滝つぼ周辺環境整備」が、
JSCE公益社団法人土木学会デザイン賞2016において、最優秀賞を受賞しました。
 土木学会デザイン賞は公益社団法人土木学会景観デザイン委員会が主催する
顕彰制度であり2001年に創設され、正式名称は「土木学会景観・デザイン委員
会デザイン賞」といいます。
 公募対象を広く土木構造物や公共的な空間に求め、計画や設計技術、
制度の活用、組織活動の創意工夫によって周辺環境や地域と一体となった
景観の創造や保全を実現した作品に与えられます。
 白糸ノ滝は、崖面から伏流水が湧き出す特徴ある地質構造及び富士山の
展望を併せた優れた風致景観を有することから、「名勝及び天然記念物
(1936年9月)」の指定を受け、また滝つぼ周辺は、「世界遺産富士山
(2013年6月登録)」の構成資産の範囲内となっています。
 滝つぼ周辺は、元々豊かな自然が広がり、良好な風致景観を形成していたが、
既存の売店や落石防止柵等の人工構造物が滝の眺望を妨げ、
また橋梁が老朽化・破損しているなど、景観や安全性に大きな問題を
抱えていました。
 そこで、整備基本計画(2012年3月)を策定し、「風致景観の向上」、
「本質的価値の共有」、「安全性、快適性の向上」の整備方針の下、
人工物の撤去、橋梁の架け替え、
展望場・回遊性のある歩道整備などを行うことにしたものであります。


主要施設:
・滝見橋、護岸、展望場
・滝見橋:W=2.5m、L=39.0m、バランスド扁平アーチ構造
・護岸:L=45m新設(巨石積、深目地覆土)・・・当社設計
・展望場:右岸約130㎡、左岸約55㎡(自然石洗い出し舗装)・・当社設計


 今回の受賞について、関係各位のご協力に感謝いたします。


news1



news2



news3



news4




TOPへ